低血圧な子供

子供の最近の傾向をお伝えしていきます。

低血圧というのは、一般的に大人がなりやすいと言われています。
しかし、実際の現場を見てみると、子供もかなりの数で発症してしまっているのです。
そこで、こちらでは子供の症状についてご説明していきます。

 

まず低血圧だと言われている子供の内、5%〜10%の子が、
「起立性調整障害」だと言われています。この障害は、自律神経に悪影響を与えるため、
様々な症状を引き起こしてしまいます。

 

起立性調整障害と低血圧は症状がほとんど同じだと言われているのですが、
子供がなった場合を起立性調整障害とし、大人がなった場合は低血圧と区別しております。

 

子供のこの症状が発覚する経緯としては、立ちくらみ、寝覚めの悪さ、腹痛などから
病院で診察をしてもらい、他の異常が見つからない場合、こちらの症状だと診断されます。

 

では、規律性調整障害はどういった傾向があるのでしょうか。

傾向

 

年齢としては幅広い年齢に現れる病気で、
小学校高学年から、高校生までがメインとなります。

 

基本的に男子よりも女子の方が発症しやすいと言われており、
それは体の急激な成長に、自律神経などの働きが
付いていっていないため起きてしまうと言われています。

 

また、心理的な理由として男子よりも女子の方が
深刻化しやすいのも、その理由だと言われています。

 

こちらの症状自体は深刻化することはあまりなく、
思春期が終わることなどに、自然に治ることがほとんどだと言われています。
そのため、現在あまり深刻に考えるのもよくないかもしれません。

 

どういったレベルに分けられるの?

 

こちらの症状は、いくつかのレベルに分けて考える事が出来ます。
細かく分けすぎてもキリがないので、こちらでは2つに分けて解説をしていきます。

 

1 大症状

 

大症状とは、その名のとおり目に見えて大きなダメージのある症状です。
代表的な症状としては、立ちくらみ、めまいを起こしやすく、普通に生活をしていて
支障をきたしてしまうレベルになります。
お風呂に入ったり、不快なものを見たり聞いたりしただけで上記の症状などが発生します。
また、朝は起きにくく、調子が悪くなりがちです。

 

2 小症状

 

食欲がない、顔色が悪い、時々腹痛を起こすなどの比較的軽い症状がこちらになります。
こちらの小症状の場合、普通に生活をしている間はそれほど症状を自覚することはないが、
寝起きなどに症状が出やすくなってしまいます。