大人気の自己血糖値測定器《フリースタイルライト》を徹底的に解説中

血糖値測定器ならフリースタイルライトがオススメです!

 

100

 

 

 

こちらのサイトでは、今最も売れている自己血糖値測定器である
「フリースタイルライト」についてご説明をしていきます。

 

今、自己血糖値測定器は日本だけでなく、
世界中で様々な商品が発売されています。

 

しかし、「ダントツで一番売れている自己血糖値測定器」は、
間違いなくこちらのフリースタイルライトになります。
オススメ出来るその理由を解説していきます。

基礎知識:血糖値測定器には消耗品が必要になります

自己血糖値測定器というのは、その名の通り血糖値を自分で確認出来る商品になります。

 

しかし、残念ながら「自己血糖値測定器」単体では、使っていくことが出来ないのです。
使う度に毎回、消耗品である「ランセット針」「検査紙」の2つを使用して計測をしていきます。

 

・ランセット針
イメージとして注射針を思い浮かべて下さい。
採血のために必要な針となります。

 

・検査紙
こちらは、摂取をした血液を乗せる紙になります。
測定器は、こちらについた血液サンプルを基に、血糖値を測定します。
使用する度に必ず新しい商品との交換が必要になります。

 

これらのコストがかかってくるため、自己血糖値測定器を考える際には
長期のコストを考えた上で商品を選ばなければなりません。

消耗品がフリースタイルライトは安い!

上にもある通り、自己血糖値測定器を使っていこうと考えた場合、
どうしても消耗品が必要になってきます。

 

しかし、自己血糖値測定器に必要な物を全て揃えようとした場合
かなりの金額がかかってきてしまいます。

 

上の2つの内、ランセット針に関してはそれほど問題がありません。
国産も海外産もそれほど価格が変わらず、大体30円前後/1本で購入することが可能です。

 

問題なのは、検査紙の方です。
こちらに限って言えば、日本国内での通販での販売が禁止されています。
そのため、「購入をしたい」と思っても、限られた薬局のみでしか購入をすることが出来ません。

 

更に、薬局というのは当然のごとく定価販売ですので、
ランセット紙1枚につき100円前後と、かなりのランニングコストとなってしまいます。

 

フリースタイルライトの場合、こちらの検査紙を約70円で購入することが出来るんです!

 

血糖値測定器のオススメセットはこちら!

200回分セットキット(検査紙&ランセット針200回分) 21,600円

最も大人気の血糖値測定器セットが、大容量のこちらのセットになります。
少しお値段は張りますが、長い目で見ると最も得なセットとなります。

 

通常使用をしておくと大体半年程度利用することが可能ですので、
長期の利用を考えている方はこちらがオススメになります。

 

100回分セット・キット(検査紙&ランセット針100回分) 15,800円

100回分のセットということで、大体3ヶ月前後の使用が目安となります。
お医者様に現状を伝えたいだけなどの場合は、こちらの量で十分です。
長期で自己管理を考えた場合、上の200個セットをオススメします。

 

スターターキット(検査紙&ランセット針10回分) 6800円

血糖値測定器本体と、10回分の針がついたセットになります。

 

一週間程度しか使用が出来ないので、
買い替えの時など以外はそれほどオススメが出来ません。

 

 

 

消耗品を使う量

 

血糖値を測定する回数によるので、基本的に決められた量というのは存在しません。
厳密に言うと「使用する人それぞれによって異なる」というのが適切な表現となります。

 

代表例としてモデルケースを出すとするならば、
朝ごはん、昼ごはん、夜ご飯の、食前食後で考えて、
合計6回というような形になります。

 

これだけのデータをかかりつけの医師に持っていけば、今まで以上に診断が簡単になります。

 

現在、お医者さんにかかっている方は、
測定の回数などについて相談をしてみてください。

 

血糖値測定器:フリースタイルライトの使用方法の流れ

穿刺器具の準備を行います。

 

フリースタイルライトの場合、付属のライトショットミニを使用して簡単に血液を採血することが出来ます。
購入時の状態では、付属のキャップがついていますので、折るような形で外してください。
ダイアルを調整することにより、刺す深さを変更することが出来るので、お好きな長さに設定してください。

 

 

血糖測定の準備行いましょう。

 

フリースタイルライト本体にセンサーを挿入することにより、自動的に電源がONになります。
採血マークの表示が画面に表示されたら、測定が可能となります。

 

採血を行います

 

採血場所は手の平、腕、指などを選ぶことが出来ます。
血液を摂取するために、まずは採血場所をアルコール綿で十分に綺麗にしましょう。
清潔にしたあとは、ライトショットミニを採血部分にあて、リリースボタンの押します。
すると、中から針が出て、0.3ミリ程度血液を採血することが出来ます。
この際に、しっかりと採血するためにもリリースボタンはすぐに離さず、
しばらくの時間押しておくようにしてください。

 

センサーに吸引させよう

 

センサーの側面に血液を軽く触れさせて、「ピー」という音がなるまで吸引させます。
この際に、センサーを無理に動かしてしまうと、正常な形で測定が出来ないことがあります。
音が鳴るまでは動かさないよう測定してください。

 

測定結果の表示方法

 

一通り測定が完了すると、同時に画面に波線がではじめ測定を開始します。
あとは何もしなくても、4秒後には自動的に測定結果を画面に表示されます。
測定値が低すぎる場合は画面にLOが、逆に高すぎる場合、画面にはHIが表示されます。
これらが表示された際は、エラーの可能性があるので、最初からやり直してください。

 

片付け方法

 

使用済みランセットにキャップを取り付け、その後リリースボタンを押し針を取り外していきます。
片付けをする際には、採血用の針に特に気をつけながら実施していってください。

 

当製品を使用する際には、1つのランセット針を複数の患者様では絶対に使用しないようにしてください。
使用してしまった場合、血液を通して病気が感染してしまう可能性があります。
利用したい方が複数人いる場合は、当製品も複数購入して使用するようにしてください

フリースタイルライトのメリットとは

血を取る量が少なくて済む!

 

昔のありがちな血糖値測定器は、かなりの量を採血しなければ使えませんでした。
それこそ、3μL〜10μLといった感じで、少し躊躇する量を採血しないといけなかったのです。

 

定期的に採血をしていくのに、量が多いとちょっと気になってしまいますよね?

 

それが、フリースタイルライトは、なんと10分の1以下の採血量で可能なのです!
例えば、こちらの表をご覧になってみてください。

 

 

あくまでもサンプルイメージにはなりますが、
その採血量の少なさを見て取ることが出来ると思います。

 

「毎日使うものだから、出来るだけ採血量は少ない方がいい」

 

・・・そんな製作者のおもいやりが商品に活かされているわけです^^

 

色々な場所から採血が可能!

 

次のメリットとして上げられるのが「様々な場所から採血が可能」という点です。

 

今までの血糖値測定器は、そのスペックの低さから
採血するポイントをかなり選ばなければなりませんでした。

 

しかし、フリースタイルライトは違います!

 

30

 

こちらの絵を見て頂ければわかるように、
採血の基本の指先だけでなく、
手首付近や二の腕、太ももなどから採血が可能になっているのです。

 

指先は神経が集中しているため、
かなり痛みを伴う場合がございます。

 

そんな方は、二の腕などから採血をすれば、
痛みなく採血が行えると言うわけです。

こちらのショップで購入するのが正解♪

フリースタイルライトこちらののショップでしか購入することが出来ません。

 

ビューティー&ヘルスリサーチ
30

 

自己血糖値測定器を使って、血糖値をしっかり管理していきましょう♪

 

 

100